アブダビ空港を経てモロッコへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

モロッコへ到着!ちょっと更新のタイミングがずれましたが、1週間ほど前に30時間の空旅を経て、モロッコの首都ラバトへ到着しました。航空会社はその時の情勢などによって異なるようですが、2018-1はEtihad航空で成田発アブダビ経由の首都ラバト行きでした。アブダビでは接続待に10時間もありました!観光できればよかったのですが、、めちゃくちゃ疲れていたので空港ではほとんど寝ていました(笑)。写真はアブダビ空港有名なハチの巣?です。

今回、初めてのEtihad航空利用でしたが、比較的快適でした。サービスはやはりANAなどと比べると劣ってしまうものの、、とサービスについて書こうと思いましたが、比較できるほど飛行機乗ってませんでした(てへ)。

アブダビ空港はUAEにある空港で中東ではドバイに次いで規模の大きさを誇っています。Etihad航空の便は基本的にアブダビ経由になるらしいです。私たち協力隊は公用旅券を使っているため自由に入出国できないのですが、通常のパスポートであればトランジットの待ち時間にアブダビに入国することが可能なようです。

アブダビ空港は非常に大きく空港内には数多くのお土産やさんが入っていました。第一ターミナルから第三ターミナルまでものすごく離れているので、トランジットの合間に体力に余力があれば空港内を探検するのも面白いかもしれません。空港内ではドルを始めユーロなど数多くの通過が使えるため両替してなくても普通に買い物ができます。食べ物もバーガーキングなどのファストフード、ラーメンなどが売っていました(写真撮り忘れました)。価格はちょっと高めでしたが。。。


空港内にはこんな置物も。


第三ターミナルのほうは非常にすいていてどこでも座る場所の確保には困りませんでした。  第1ターミナルへの通路

ちなみに自分は行きませんでしたが、空港内の第3ターミナルの方には図書館があります。アラビア語ばかりだとは思いますが、空港内で時間を潰すには良いと思います。ちなみに空港内ではかなり高速のインターネットが使えます。自分がスピードを測った時は100Mbps出てました。WiFiでこのスピードなので相当良いネットワークだと思います。

そんなこんなで10時間を潰しようやくラバト行きフライトの時間になり搭乗手続きを経て飛行機へ乗ります。同じ航空会社、同じクラスですが日本初アブダビ行きよりも若干狭く感じました。隣にはヒジャブを被ったイスラムの女性が。しかも椅子を倒してくれだの、モニターの使い方が分からないだの、分からない言葉で色々と要求してきます(苦笑)。途中自分がフランス語を話せる(少しですが)ということがわかりフランス語で少し会話をしました。正直かなり苦労しましたが、自分のフランス語が通じたのと、向こうの話してるフランス語をいくらか理解できたので嬉しかったです。

トータル30時間の空旅を経てようやく到着したモロッコは眩しかったです。入国手続きに時間がかかりましたが、公用旅券の威力で指紋も取られることなく、すんなり入国できました。荷物検査もX線で見るだけで済みました。


めちゃラッキーなことに、2016ー1の人たちと会うことができたので、その日はその人たちと飲みに出かけました。

↓↓ブログランキング参加中です!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ボタンをクリックして応援していただけると、更新頻度が上がります!よろしくお願いいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*