2年ぶりの配属先訪問

こんにちは。アメンボです。コロナにより、任期途中で緊急帰国となってから、2年以上が経ちました。当初は、ここまでコロナが長引くとは思っておりませんでしたが、結果として2年以上たった今も、モロッコは協力隊の再派遣には至っていません。

ようやく状況も落ち着いてきて、モロッコでの協力隊事業も秋ごろから再開できるとの話も聞きました。

そんな中、2年目の任期途中でほぼ放り投げてしまった形で帰ってきてしまった、配属先を訪問してきました。コロナにより緊急帰国した後は、モロッコも緊急事態宣言が発出され、しばらく授業ができなかったと聞いています。

中途半端な状態で放り投げてきてしまったこと、そしてその後、半年以上も授業がされてなかったことから、やってきたことがすべて無駄になってしまったのではないかと心配でした。もしかしたら、今回、配属先を訪問することで、ショックを受けるのではとも考えていました。

しかし、結果から言うと、すべてとはいかないまでも、やってきたことがしっかり活かされているのを確認できました。もちろん、中途半端で終えてしまったため、まだまだやらなければいけないことは残っていますが、それでも最低限の物、知識は残っているのを確認できたので良かったです。

ただ中途半端ではあるため、この先ずーと残り続けるかというと、難しいかなとは思いますが。。