モロッコ人のイスラム教

こんにちは。久々です。いつになったら更新頻度上がるんでしょうか(笑)。まぁ気楽に更新していきます。

今日話すのはモロッコ人のイスラム教感(政治)についてです。配属先のCPとよくお茶に行くのですが、その際に聞くのが政治や宗教の話です。不完全なフランス語で聞いていますので、内容に誤りがある場合もありますし、モロッコ人すべてがそのように考えているわけではないと思いますので、参考程度に読んでいただければと思います。

モロッコはもともとイスラム穏健派とされており、イスラム教国家にしては緩く、観光客はもちろん現地の人たちもお酒を飲んでいます。それだけでなく、首都ラバトやカサブランカでは女性もフラー(スカーフ)をほとんどしていませんし、かなりオープンな国なのです。

それでも、自分の配属先や地方へ行くとイスラム色が強く、金曜日には皆モスクへ祈りに行きます。今日話をしたCPも普段は非常にまじめなイスラム教徒で、モスクの祈りはもちろん、外国人である自分にも祈りをするよう勧めてきたりするぐらい熱心(に見える)なイスラム教徒です。

しかし、今日話したのはそんな彼から出てくる発言とは思えない内容でびっくりしたので、シェアしたいと思います。

イスラム教徒は聖地とされているサウジアラビアのメッカ巡礼が一生に一度は果たすべき義務とされているようです。しかし、世界には非常に多くのイスラム教徒がおり、メッカ巡礼は毎回順番待ちになり、年齢の高い人が優先的に選ばれる仕組みになっています。

加えて、希望者が非常に多いため巡礼も莫大な費用が掛かるようになっています。つまり、一部の人が大儲けしているというわけですね。

まぁ、その辺は市場経済の仕組みとして仕方ない部分もあるかと思いますし、費用などについても熱心なイスラム教徒であれば「義務」として当然の支払いかと外部の人間である私は思っていました。

しかし、CP曰く今のイスラム教、政治の仕組みは強者が弱者から巻き上げ、強者はさらに強くなり、弱者はさらに弱くなる、いわゆる弱肉強食の仕組みだというのです。

イスラム教のことは詳しくありませんが、彼曰くメッカ巡礼も何もサウジアラビアまでいかずとも、各国に巡礼場所を設ければよいというようなことを話していました。(それが宗教的に可能なのかはわかりませんが、、、)

それ以外にも、モロッコが途上国を抜け出せないのは政府がモロッコ人を馬鹿にするような教育をしているからだというようなことも話していました。国民を馬鹿にし、支配することで例えばメッカ巡礼の件だったり、政治的な革命を求めないようにしてしまっているというのです。

まぁ、後半部分はちょっと飛躍しすぎなような気はしますが、、、苦笑

また確かにモロッコは途上国ですが、それでも都市部は非常に発展していますし、地方へ行っても電気、水道は整備されています。外国人の自分から見たとき、確かにモロッコは日本と比べれば途上国かもしれませんが、先進国と呼ばれる日本も様々な問題を抱えています。そういう意味で見ると、「隣の芝は青く見える」ということなのかなとも思いました。

※この記事は決してイスラムを否定するわけではありません。ただ、以前から感じていたことなのですが、イスラム教とキリスト教の大きな違いは宗教改革があったか否かという点なのかなと思っています。

モロッコでは特に顕著なのかもしれませんが、アッラーを信じているイスラム教徒でもイスラム教での義務については疑問に思っている人もいますし、女性についてはいわゆる女性差別(男尊女卑)について疑問を持っている人も多くいます。

それでも、政治的な理由だったり、環境だったりが疑問を問いかけるのを難しくしているという面はあると思います。そういう意味で、イスラム教にもいわゆる「宗教改革」が必要なのかなと思いました。

Moodleの導入を検討している

こんばんは。毎回久々の更新になってます(苦笑)。前回の記事でネットワーク導入の記事を書きました。ネットワーク導入の目的は、より効果的な授業の実施と授業の効率化を目指して実施したものです。まだまだ、完全な運用はできていないのですが、それでも導入前と比べるとだいぶ楽になってきています。

導入目的の一つである効果的な授業の実施というところで、Moodleの導入を検討しています。Moodleは教育向けに作られたCMS(Content Management System)で多くの教育機関で導入されているプログラムです。Moodleの何よりのメリットはオフライン(ローカルネットワーク)で使用できるところです。つまり、インターネット契約がなくても問題がないのです。

Moodleのメリットはたくさんありますが、その一つがテスト機能です。現在はネットワークが不完全なため、Googleのフォームを使ってテストを実施していますが、Moodleを導入すればオフライン環境で試験の実施が可能になります。

また、それだけでなく、間違えた問題だけを繰り返し出題したり、生徒ごとの成績を管理するのが楽になります。

導入前のテストとして、試験的にサーバ導入とMoodleをインストールしてみたのですが、便利すぎます。

配属先で教えている生徒は教育レベルもバラバラです。情報の授業は基本フランス語ですが、フランス語をできる生徒はわずかです。また、算数に関しても単純な計算式がわからない生徒もいます。とはいえ、そんな生徒のために時間を割いていては授業が進まなくなってしまうので、計算式を教えつつ、授業を進めていきます。

でも、Moodleを導入すれば、そんな生徒のために専用の試験を作ることも可能になります。

配属先での授業はあくまでも、情報(Microsoft Office)に限られていますが、それ以外にも様々な授業を提供することが可能になるのです。

まだ、導入はできていませんが、Moodle便利すぎます!

ネットワークを導入した

こんばんは。超久々の更新です(笑)。気づいたらこちらへ来てから8か月、もうすでにカウントダウンが自分の中で始まっています(笑)。それなのに、活動はそこまでうまくいってはおらず、現地の人ともコミュニケーションがうまく取れず、、悩む日々。

まぁ色々あるんですが、先月、配属先の学校へローカルネットワークを導入しました。最初は現地側に費用負担してもらって導入する予定だったのですが、やはり金銭面は厳しいということでJICAの業務費を使って導入することにしました。 続きを読む

上毛新聞の取材が来ました。

気づいたら1か月ぶりの更新になってしまっていました(苦笑)

今週の火曜日に群馬県の新聞社、上毛新聞社が活動の取材にやってきました。モロッコでのJICA関係の記事を作るため、自分のところにも来た感じです。記事が載るのは1か月後ぐらい?って言っていたので、順調にいけばきちんと記事になるはずです(笑)

取材内容

取材内容はもちろん、協力隊の活動について。自分はPCインストラクターとして派遣されていて、現在2か所の職業訓練校で環境の改善や教材づくり、指導などを行っています。

って聞くと、結構すげーって感じだけど、実際には言葉も全然話せないし、まだまだこれからっていう感じなんですけどね(苦笑)

派遣から半年なのでこんなもんなのかなーとか思いつつ、2年で何が残せるんだろうともやもやする日々です。

今やってる授業はExcelの基礎的な部分(数値の計算、if関数、average、maxなど)。英語だと簡単だけど、フランス語だと基本的に関数もフランス語になっちゃうから厄介。

最近授業で始めたのは毎回のミニテスト。基本的にこっちの教え方は先生が教えて、質問があれば答えるけれど、フィードバックはない感じ。

それじゃぁだめだよねっていうことで、フィードバックを目的としてテストを始めてみた。

単純に自分が生徒のレベルを知りたかったっていうのもあるけど、やっぱり色々見えてきたよね。

基本的にはほとんどの生徒ができるけれど、一部計算式が分からないことかもいるみたい。もうExcel以前の問題なんだけど、、それは覚えてもらうしかないよねぇ。。計算式さえ覚えておけば、あとはExcelが勝手に計算してくれるから計算は別にできなくてもいいんだけど。

ということで、なんだかとりとめのない内容になってしまったけど、上毛新聞が取材に来たっていう話でした。

イスラム教が経済発展を阻害している?どうしてもネガティブな見方になってしまう。

こんにちは。モロッコは緩いとはいえ、イスラム教国家です。そのため、いたるところにイスラム教の影響がみられます。祈りの時間などはもちろん、貧しい人へ施すというイスラム教の教えも基本的にはその通りに行われています。とはいえ、それが経済発展を阻害してるとみることもできるんですねぇ。

なお、異論は大いに認めます。

続きを読む

パソコンを教えるのって難しいねっていう話

こんにちは。連投です(笑)2019年は今のところ調子がいいです。

自分はPCインストラクターという職種でモロッコへ派遣されてるわけですが、正直指導経験はありません。とはいえ、事前研修とかでフォローしていただき、また知識や実践経験はあるのでそれらを活かして貢献できればと思っています。さて、そんな中、配属先ではMicrosoft Officeをメインに教えているわけですが、、、教えるのって難しいですね(苦笑)

続きを読む

宗教って難しいねっていう話

こんにちは。新年1つ目の投稿です。新年のあいさつは別として、ご無沙汰しております。今回は宗教の話です。モロッコはご存知の通りイスラム教国家です。とはいえ、以前の記事でも書いたように都市部に限って言えば、そこまで敬虔な信者というわけではなく、「伝統的にイスラム教だから」や「国教がイスラム教だから」という理由で、イスラム教徒でいる人が多いです。そのため街にはバーもありますし、欧米系のスーパーではお酒も購入することもできます。

続きを読む

Bonne année ! 新年の挨拶

日本ではすでに三が日も終わろうとしていますね。遅くなりました、皆様明けましておめでとうございます。平成最後の新年はアフリカ西北部の国モロッコで迎えました。モロッコはイスラム暦なので西暦の新年はとてもひっそりしていましたが、無事に新年を迎えることができました。本年もよろしくお願いいたします。

続きを読む

お酒は飲めるの?クリスマスはある?モロッコの宗教とタブー

こんにちは。気づいたら1ヵ月以上も更新してませんでした(苦笑)。お久しぶりです。モロッコでPCインストラクターをしているアメンボです。

今回、青年海外協力隊で企画された「アドベントカレンダー」企画に参加させていただくことになりました。アドベントカレンダーは、ブログリレーのようなもので、一人ずつブログやSNSを投稿し、25日までつなぐという企画です。

今回、お題は特になく「仮で観光地」としていましたが、せっかくなのでモロッコの宗教、イスラム教について書きたいと思い、大幅に内容を変更させていただきました(笑)。

続きを読む

サマータイム終了のお知らせー>やっぱ続けるわ!

こんにちは。日本ではサマータイムを2020年のオリンピックに導入するとかしないとか今年は議論になりましたよね。さて私の住んでいるモロッコではサマータイムは基本的にヨーロッパと同じタイミングで開始&終了になっています(ラマダン中は除く)。現在は日本との時差は-8時間、サマータイム終了後は-9時間になる予定でした。と・こ・ろ・が、、、

続きを読む