途上国あるある:違法ソフト問題について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。フランクに更新するってとっても楽でいいですね(笑)。青年海外協力隊の情報系職種(PCインストラクター&コンピュータ技術)は派遣前に技術補完研修というものを受けます。そこでは途上国のICT環境についての説明などがあり、そこで話されるのが「違法ソフト」についてです。途上国では違法ソフトが蔓延していて、当然ライセンスに関する意識も低いため、普通に違法ソフトが蔓延しているのです。

モロッコの現状

Windows OSについて

他の途上国の実情がわかりませんが、モロッコはどちらかというとライセンスについては良いほうだと思います。もちろんそれでもかなり違法ソフトは蔓延してますがね(笑)。

Windows については中古のものがほとんどですが、普及しているWindows 7は多くの場合、PCに付属しているものが使われていて違法コピーの物はあまりありません。ただし、旧型のパソコンでWindows Xp やVistaが入っていたのに7に違法アップグレードされているものも存在します。それでも、寄付や中古品の購入などで、OSに関しては違法なものは少ないなという印象です。

Officeソフトについて

Windowsに対して、Officeソフトはほとんどが違法製品です。パソコンとは別売になっているOffice ソフトは後日別途購入する必要があり、そうなると正規の物は高すぎるので手が届きません。すると必然的にただ同然で手に入る海賊版Officeが蔓延してしまうんですね。

Officeに関しては、無料でOpenOfficeというのもありますし、Microsoft Officeと同等に使えるKingsoft Officeもありますが、なかなか難しいです。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*