【絶景】見とれてしまうほど美しいOudaiya(ラバト)の日の入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

モロッコにはものすごく多くの観光地があるため、それらと比較すると若干劣って見えてしまう首都ラバトそれでもウダイヤのカスバや、ムハンマド5世の霊廟など数多くの観光スポットが存在しています。そんな首都ラバトで地球の歩き方や有名なブログなどで紹介されている観光地を訪れるのもよいですが、実は海辺から見るサンセットが絶景なのです。

海辺からのサンセット

ラバトへ来たらぜひ見てもらいたいスポットの一つが海辺からの日の入りです。空気が澄んでいてとてもきれいなのと、海辺の岩が夕日とマッチして絶妙な雰囲気を醸し出しています。海辺へはラバトの中心部から歩いて15分ぐらい、タクシーを使っても10DHかからないぐらいで行けるので是非一度足を運んでみてください。

それでは見ていきましょう。

メディナとウダヤから海辺へ行く途中からの写真です。白い建物が夕焼けに染まりとてもきれいです。

そして、ウダヤのほうから海辺へ行く途中からの写真です。写真では伝わりませんが、本物はもっときれいです。ビーチのほうへ行かずに、道沿いに沿って歩いていくと上の写真のような景色が見られます。

そして日が沈んだ後の写真。マジックアワーの景色はとても幻想的です。


おまけ。道沿いをずっと歩いていくとビーチへ降りる場所があり、そこを降りるとごつごつした岩だらけの場所が現れます。潮の満ち引きが合えば、上記のような水面に反射したマジックアワーを楽しむことができます。

そして、海辺に向かって左のほうを見ると灯台が位置しています。灯台と三日月が絶妙な雰囲気を醸し出しています。

帰り道で。メディナの白い建物と三日月がマッチしてインスタ映え間違いなしの写真が取れました(笑)。

ラバトは雨季(11月から5月)を除いて基本的には晴れの日が多いので、よほど運が悪くない限り旅行中でも夕日を見ることはできるでしょう。特に夏時間の間は日の入りが8時~9時と遅い時間なので、街を観光した後でも十分楽しむ時間はあると思います。ラバトへ来たら一度は足を運んでみてください!

注意点

なお、街灯はありますが人通りの少ない海辺は犯罪被害にも会いやすくなります。夕日を見に行く際は一度ホテルなどへ貴重品などを置き、最低限の荷物だけで来たほうが良いでしょう。特に女性の人は一人では危ないので、複数名で行くようにしましょう。

↓↓ブログランキング参加中です!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ボタンをクリックして応援していただけると、更新頻度が上がります!よろしくお願いいたします!

ラバトの観光スポット

ラバトの観光スポットは非常に多くあり、首都というだけあってフランス語はもちろん、英語やスペイン語が通じるところが多いです。ラバトは非常にコンパクトな街なので、観光スポットは多くあれど、全部回るのにあまり時間はかかりません。おすすめの観光スポットなどについては、ほかのサイトなどで多く紹介されているのでそちらを参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*